公務員のための書籍

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術トップページへ

ランチ1・2回分の金額でスキルアップできる方法。
それは、本を読むことです。

本を読むのが苦手な方でも読みやすいよう、話し言葉で書きました。
ぜひ、お手に取ってみてください。

令和時代の公用文 書き方のルール ―70年ぶりの大改定に対応

『令和時代の公用文 書き方のルール』の表紙

ここに記されている新しい公用文のルールには、

  • 読点には、原則として「,」(コンマ)ではなく「、」(テン)を使う
  • 1文が50~60字程度になってきたら、読みにくくなっていないか意識するとよい
  • 情報発信を「書き言葉によるコミュニケーション」と捉える

などの画期的な提案もあります。

このような最新の「公用文のルール」を紹介するという意味で、本書に「令和時代の公用文」と付けました。

悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術

悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術

前著との違いは、次の3点です。

  1. 柏崎市の協力を得て、市の「広聴広報の手引」を元に、自治体現場での具体的な事例を約100件収録
  2. この5年間に実施した公務員向けの研修と、柏崎市の非常勤職員として勤務した3年間の経験から、新たに発見した「公務員にありがちな文章のカン違いや失敗」と改善策を掲載
  3. 私が4年前に書いた『これで怖くない!公務員のクレーム対応術』(学陽書房/2012年5月発行)にある回答文の書き方を、フレーズだけではなく、具体的な事例に即して詳しく解説

これで怖くない! 公務員のクレーム対応術

これで怖くない! 公務員のクレーム対応術

  • とっさのクレームにどう切り返していいかわからない
  • 言葉に詰まってしまう
  • 怖くてたまらない

・・・そんな担当職員の悩みに応え、豊富なイラストで具体的な対応例を提示。
最近頻発しているメール・ソーシャルメディアのトラブル対応も紹介!

誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術

誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術

3つの目標がクリアできる☆

  1. クレーム激減!
  2. 文書作成の効率化!
  3. メール好感度UP!

対象文書

  • 市民向けのお知らせや啓発チラシ
  • イベントや講座の案内
  • 新規事業の説明資料
  • ニュースリリース
  • メール、ブログ、Twitter

自治体のためのウェブサイト改善術─広報担当に求められるテクニックとマインド

自治体のためのウェブサイト改善術─広報担当に求められるテクニックとマインド(時事通信社)

※広報(Web)担当者向け

サイト構築テクニックから文章術まで、
元自治体職員の広報コンサルタントが、
行政の現場と民間の両方の視点で書いた実践的解説集です。

Copyright(c) 2012~2021 All Rights Reserved.