クレーム対応術(2時間程度の講演)

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術トップページへ

「クレーム対応術」の概要

研修の目的

クレームへの適切な対応方法を学び、市民とのコミュニケーションを深め、住民満足度を向上させる。

プログラム例

これで怖くない! 公務員のクレーム対応術

  1. 論理的な話し方
    ― プレゼンテーションの手法に学ぶ
  2. 「聴く力」>「伝える力」
    ― 理解できないことは説明できない
  3. 「聞く力」と「聴く力」は異なる
    ―○○は伝えるためになんか使っていない!?
  4. 「聴く力」+「質問力」 ― 答えは自分自身の中にある
  5. 「聴く力」は「○○力」 ― 自治体のCRM
  6. ○○○を伝える力  ―表現力より○○力

「クレーム対応術」参加者の声

  • 具体的な経験談や事例などの話があり、実際の業務を思い浮かべ、どうすべきかを考えることができた
  • 傾聴の重要性があらためてわかった
  • 相手の立場に立って話を聴くことが大事ということを再認識した

<神奈川県 (研修時間 2.5時間)>

※1日コースもご用意しております。
メイン講師とサブ講師の2人で対応し、よりリアルなクレーム対応を体験していただきます。

費用

100,000円~ (消費税・旅費を含みません)

研修の内容、場所により異なります。
詳細はお問い合わせください。

講演・研修のご相談・ご依頼はこちらからお願いします

Copyright(c) 2012~2018 All Rights Reserved.