悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術トップページへ

現場発! 文章の悩みに答えます!

画像:『公務員のSNS・文章術』の表紙

あなたの書いた文章は、次のように言われたことはありませんか。

  • 「わかりにくい」「よくわからない」
  • 「なんか感じ悪い」「不愉快だ」
  • 「お役所っぽい」「読む気がしない」

このような文章は、問い合わせやクレーム対応などの無駄な仕事を増やします。
さらに、結局、きちんと手続きをしてもらえなかったり、参加してもらえなかったりと、効果も期待できません。
そんなことにならないよう、本書では、「効率的&効果的な文章の書き方」をお伝えします。

本書の狙いは、次の3点です。

  1. 「伝わる文章」で仕事がスムーズに進む!
  2. 好感度UPでトラブル・クレームを減らす!
  3. ツールを使いこなして効率化!

これは、私が5年前に書いた『誰も教えてくれなかった 公務員の文章・メール術』(学陽書房/2011年5月発行)と同じです。
では、どこが違うのでしょうか。

前著との違いは、次の3点です。

  1. 柏崎市の協力を得て、市の「広聴広報の手引」を元に、自治体現場での具体的な事例を約100件収録
  2. この5年間に実施した公務員向けの研修と、柏崎市の非常勤職員として勤務した3年間の経験から、新たに発見した「公務員にありがちな文章のカン違いや失敗」と改善策を掲載
  3. 私が4年前に書いた『これで怖くない!公務員のクレーム対応術』(学陽書房/2012年5月発行)にある回答文の書き方を、フレーズだけではなく、具体的な事例に即して詳しく解説

この本を読んでいただきたい方

本書は次のような方におススメです。

  • 文章で説明するのが苦手な方
  • わかりやすく書いたつもりの文章が、「わかりにくい」と言われてしまうことがある方
  • 問い合わせが、クレームに変わってしまったことがある方
  • イベントや講座などの参加者をたくさん集めたい方
  • ホームページ作成やSNS投稿の担当をしている方

本書で得られるもの

本書を読むと、以下のものを手に入れることができます。

  • 読みやすくわかりやすい文章が書けるようになります
  • 読み手が正確に理解できる説明文を書けるようになります
  • 好感度の高い回答文を書けるようになります
  • イベントや講座に参加してくれる人、募集する事業に申し込んでくれる人が増えます
  • アピールしたい事業をメディアに取り上げてもらえます

この5年間で、国・都道府県・市区町村と、その関連機関で私が実施した研修の数は約130件。延べ約7000人の公務員が参加しています。
また、ここ3年間は、柏崎市の非常勤職員として、職員と机を並べ、組織の中で一緒に仕事をしてきました。

その経験を生かし、現場のリアルな情報を元に、「より効率的&より効果的な文章の書き方」をお伝えします。
前著と併せて、ぜひ、お読みください。

 

悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術
誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術 編著者 小田順子
定価 1,944 円(税込)
単行本 220ページ
出版社 学陽書房
発行年月 2016年9月17日
ISBN-10 4313150854
ISBN-13 978-4313150850

Amazonで『悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術』を購入する

目次

第1章 相手を不愉快にさせない「クレーム・問い合わせへの回答文」の書き方

  • 自分に非がなくても、まず謝る
  • その言い方がカンジワルイ!
  • 使える! 基本フォーマット-回答文・謝罪文のひな型

第2章 正確な理解がお互いの手間を省く 手続きの説明文の書き方

  • なくても意味が通じる言葉は削る
  • 専門用語は置き換える
  • 二重否定は使わない

第3章 理由がなければ誰も行動しない 参加者・意見や委員募集文の書き方

  • 読んでもらうには、まず「見た目」
  • やっぱり短く書く
  • 「どのような影響があるのか」を知らせる

第4章 うれしい反応がある♪ SNS投稿文の書き方 -ツイッター、フェイスブック

  • 役所用語はNG
  • キーワードは13文字以内に
  • 言葉の危機管理

第5章 これだけは知っておきたい! 恥をかかないための「日本語のルール」

  • Wordで効率的に校正を
  • 文章校正は「変更履歴の記録」機能を使う
  • 「下記」の正しい使い方

Amazonで『悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術』を購入する

Copyright(c) 2012~2018 All Rights Reserved.