小田順子プロフィール

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術トップページへ

学歴 | 所属 | 講演・執筆・取材協力実績 | 保有資格 |SNSのアカウント

自己紹介

小田順子の顔写真広報コンサルタント/文章の危機管理コンサルタント

1965年生まれ。

東京・中野区役所に15年間勤務し、区立小学校、国民健康保険課、情報システム課、広聴広報課、保健所を経て、2007年4月に独立しました。

現在は広報コンサルタント・文章の危機管理コンサルタントとして、自治体、公益団体、大企業など、公益性の高い組織を支援しています。広聴、広報、クレーム対応の文章術、ソーシャルメディア運営などの研修で全国を飛び回る毎日です。

著書に

があります。

ちなみに、中野区広聴広報課在籍中は、住民からの相談・苦情メール受付とウェブマスターをこなしていました。

お客様からの問い合わせや苦情への対応のポイント、外部に発信する情報の表現方法、ウェブサイト、メールなどのデジタルツールを利用したコミュニケーションのマナーといった研修を企画・運営し、自らメイン講師を務めました。

また、接客の最前線に立つ職員とのコミュニケーションを重視し、「区民の声」のデータベース化、「よくある質問」集の作成を手掛けました。独特の接客姿勢で、数々のビッグ・クレームを瞬時に解決したことがちょっとした自慢です。

学習歴(「学校」歴ではないつもりです)

東京都立西高等学校を卒業し、成城大学経済学部経済学科に進学しましたが、出産のため、3年で中途退学しました。

その後、中野区在職中に、法政大学の通信教育部文学部日本文学科に入学し、退職と同時に卒業しました。

2010年には放送大学大学院修士課程(文化情報学プログラム)に入学し、2012年、無事に修了することができました。

現在、法政大学大学院博士後期課程人文科学研究科(日本文学専攻)に在籍し、伝わる文章について研究しています。

  • 卒業論文
    わかりやすい広報を目指して―行政の広報のあるべき姿を探る―
    指導担当:間宮厚司先生
  • 修士論文
    文章表現の適切さが自治体ウェブサイトに与える影響に関する一考察
    ―広報文改善ガイドラインの構築と書き換えによる実験を通して―
    指導担当:秋光淳生先生・黒須正明先生
  • 財団法人地方自治研究機構『地方自治体の情報化戦略に関する調査研究』
    「東日本大震災におけるソーシャルメディアの活用」、「ソーシャルメディアと自治体のマーケティング」

所属

講演・執筆・監修・取材協力・コンサルティング協力実績

公益社団法人日本広報協会/日本年金機構/青山学院大学/学校法人産業能率大学/日本図書館協会/特別区職員研修所/滋賀県市町村職員研修センター/三重県/埼玉県/彩の国さいたま人づくり広域連合/関東町村会/福岡市/北海道/神奈川県/大分県/甲南大学/日本翻訳者協会/日経BP/行政情報システム研究所/公職研/都政新報/ぎょうせい/地方自治情報センター/日本FP協会/日本災害情報学会/日本都市センター/東京新聞/読売新聞/都政新報 ほか多数

保有資格

  • 初級システムアドミニストレーター(独立行政法人情報処理推進機構認定)
  • マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト(Microsoft認定)
  • サーチエンジンマーケティングスペシャリスト(Search Engine Workshops Japan認定)
  • (あまり関係ないですが)中型自動二輪
  • (小さな声で)実用英語検定2級

SNS

「こいつ、おもしろいな!」と思っていただけましたら、Facebookなどでお友達になっていただけるとうれしく思います。

お問い合わせはこちらから

 

Copyright(c) 2012~2018 All Rights Reserved.