自治体職員の広報マインド(2時間程度の講演)

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術トップページへ

「自治体職員の広報マインド」の概要

研修の目的

地域活性化、産業振興、災害対策、住民満足度の向上のため、広報担当だけではなく、すべての職員の広報マインドを醸成する。

対象

パブリシティー、ホームページ、ソーシャルメディア、広報誌、お知らせ・チラシなど、広報媒体すべて

プログラム例

  1. 表現力
    正しく、迅速に、効果的に情報を伝えるチカラ
  2. 傾聴力
    伝えるべき情報と伝え方を判断するためのチカラ
  3. 想像力
    前例のない案件、想定外の事態にも対応できるチカラ

参考:

「自治体職員の広報マインド」参加者の声

北海道広報広聴技術研究会の研修の様子

  • 分かりやすく具体的な方法を学べて良かった
  • 自分達と住民との感覚のズレを感じさせられた
  • 広報担当者のみならず、自治体職員全員に学んで欲しい

<北海道広報広聴技術研究会(研修時間 2時間)>

  • 実務的な講義で大変参考になった。とても聞きやすかった
  • 日ごろ、疑問にすら感じていなかったことに気づけた
  • 部署内に持ち帰ることができる内容でよかった
  • たいへんわかりやすく、役所の陥りがちな盲点を突いて下さったと思います
  • 2時間があっという間でした。とても勉強になり、即役立つものだったと思います。頑張りたいと思います
  • 今まで受けた様々な研修の中で、一番わかりやすいものでした
  • 役所の広報を担当した方だけに、我々の仕事に直結した内容で大変わかりやすく、活用できるものであった
  • 実例を示しながらの解説が大変わかりやすかった
  • 行政経験者であるので、こちらの立場も理解したうえでの話であり、わかりやすかった
  • 是非また、きていただきたいです
  • さすがに心におちる研修でした。広報マインド=県民を思う心と思います。ありがとうございました
  • なるべく多くの職員に周知させていただきたい
  • 最初は予算かけてまで、全体研修でやる必要あるのかと思って臨んだが、大変よかった
  • 行政での自身の経験をまじえた内容であり、具体的でわかりやすかった
  • 各課、室から1名ではなく、班から最低1名の受講で良い内容でした
  • すぐに活用できる内容で大変参考になりました
  • 行政経験を基にしたお話であり、具体的かつ本質(実態)をとらえた指摘が印象強かった
  • 講師が行政経験者であり、話の内容が身近でわかりやすかった
  • 内容は広報に限らず、挨拶文、説明資料、公文書等あらゆる表現に活用すべきものであった。より広く、特に若手職員にも研修をしてほしい
  • 広報だけでなく通常業務においても活かせる内容でした

<大分県(研修時間 2時間)>

費用

100,000円~ (消費税・旅費を含みません)

研修の内容、場所により異なります。
詳細はお問い合わせください。

講演・研修のご相談・ご依頼はこちらからお願いします

Copyright(c) 2012~2018 All Rights Reserved.